ハンショウヅル(半鐘蔓)

蔓を伸ばして木や草に絡んで花を咲かせている ハンショウヅル 緑の大きな葉の間から見える紅紫色の小さな花 ハンショウヅルは下向きに咲いて 花びらのように見える紅紫色の萼片をカールさせて ハンショウヅル《半鐘蔓)(ラン科) 陽に当たって鮮やかな紅紫色の蕾 火事を知らせる時に叩く鐘、半鐘、その半鐘に形が似ているのでハン…

続きを読むread more

チゴユリ(稚児百合)

可憐な花姿を稚児にみたてて チゴユリ 少し俯くように咲く小さな花は群生していることも 山道に咲く可愛い花、眺めていると癒されます 林では真っ白なブラシのような花、ウワミズザクラが揺れ ウグイスの鳴き声を聞きながらの散策でした チゴユリ《稚児百合》(イヌサフラン科) 草丈は15㎝~30㎝、6枚の花びら、花は2㎝ほど…

続きを読むread more

新緑の雑木林では

雑木林にはジュウニヒトエ、フデリンドウなど可愛い花々が 小道の脇にツリバナの小さな花がゆらゆら揺れて 若芽や枝も香りが良いクロモジの花 見上げるとコナラやクヌギの新緑が綺麗です ジュウニヒトエ《十二単》(シソ科) 白花のような花も可愛い タチキランソウ 《立金瘡小草》(シソ科) ヒトリシズカ《一人静》(セン…

続きを読むread more

エンレイソウ (延齢草)

沢沿いの斜面に咲いたエンレイソウ 大きな3枚の葉、3枚の萼片、先端が3つに分れた雌蕊に6本の雄蕊 エンレイソウは花びらが無く、萼片が花びらのように見えます 成長が遅く開花するまで10~15年ほど掛かります エンレイソウ《延齢草》(シュロソウ科) 沢沿いに群生しているエンレイソウ エンレイソウの発芽は2~3年ほ…

続きを読むread more

アズマイチゲ(東一華)

沢沿いに咲いた春の妖精(スプリング・エフェメラル)アズマイチゲ 今年は寒かったので花たちも遅い開花 やっと開花した白い花が、沢からの風に揺れてます 東(関東)で一本の茎に一輪の花を咲かせるので東一華 アズマイチゲ《東一華》(キンポウゲ科) 枯葉の中から小さな小さな蕾が 近くにも小さな蕾を幾つか見つけて 午後…

続きを読むread more

河津桜

毎年、楽しみにしている河津桜の開花が気になります 友人から河津桜が咲き始めてると連絡があり、さっそく出掛けてみました ピンクの花が枝先にチラホラ 例年より開花が遅かった河津桜、暫く可愛い花を眺めてました カワヅザクラ《河津桜》(バラ科) 青空にピンクの花が綺麗 咲き始めたばかりの河津桜、これから楽しみ …

続きを読むread more

冬咲きクレマチス

友人から頂いた、冬咲きクレマチス・アンスンエンシス 小さなベルのような白い花が沢山 白い花は、花びらをクルリとカールさせて フワフワの花後の蕊も綺麗です 冬咲きクレマチス、アンスンエンシス(キンポウゲ科) 昨年末から、白い蕾の開花を楽しみにして 寒さの中で葉が痛んだり開花しない蕾も幾つか 花後の蕊がフワ…

続きを読むread more

シモバシラの氷華

晩夏に真っ白い花を咲かせてたシモバシラ 花が枯れた後  零度以下の寒い日に美しい氷華をつけます 茎が枯れても  根は地中の水分を吸い上げ 吸い上げられた水分は 茎からしみ出し冷たい外気に触れて  氷の華を咲かせます シモバシラ《霜柱》(シソ科) 9月末に咲いていたシモバシラの花 真っ白いシモバシラの氷の華は、綿…

続きを読むread more

梅の花

本年も宜しくお願い致します 久しぶりに沢沿いを歩いてみました いつも通る小さな梅林では 白梅、紅梅が咲き始めて 公園ではマンサクの花が 小さな花たちの早い開花に驚き、嬉しくなります ハクバイ《白梅》(バラ科) コウバイ《紅梅》(バラ科) 梅の花に近づくと甘い花の香…

続きを読むread more

綿の花

先月、薬用植物園で咲いていた黄色の綿の花 綿の花はアオイ科で、フヨウやオクラに似た花を咲かせます 朝咲き始め、夕方には萎んでしまう一日花 まだ蕾も、花後の実、実が弾けて白い綿も見えてます ワタ《綿》(アオイ科) 花後には緑の綿の実がついて 熟した実が弾け、真っ白な綿が見えてます 白い綿の中に黒い種子が …

続きを読むread more

ソシンロウバイ(素芯蝋梅)

黄色い葉の間からのぞいてたソシンロウバイの黄色い花 咲き始めのようで小さな蕾がいっぱいです 他の場所でもポツポツと咲き始め 日溜りではヒメオドリコソウなどの可愛い花を見つけて ソシンロウバイ《素芯蝋梅》(ロウバイ科) 鮮やかな透き通ったような花びらのソシンロウバイ、近づくと甘い香りが 黄色くなった葉が付いて、…

続きを読むread more

リンドウの花

里山に咲いた鮮やかな青紫色のリンドウの花 淡い色から濃い青紫色まで 花びらには小さな斑点が、花の内側には黒い斑点が見えます 綺麗なリンドウの花が彼方此方に咲いてます 日当たりの良い叢にはタツナミソウやアキノタムラソウも リンドウ《竜胆》(リンドウ科) 淡い色から濃い青紫の色のリンドウの花 日が射すと蕾が徐々に花…

続きを読むread more

ヒメリンゴ

春に淡い色の花を咲かせていたヒメリンゴ、赤い果実を沢山つけて 返り咲きでしょうか、ゴツゴツした枝に可愛い花が幾つも 小さな蕾も見えて、可愛い花に嬉しくなります ヒメリンゴ(姫林檎)バラ科 淡い色の花、濃いピンクの蕾、幾か所にも花を咲かせていたヒメリンゴ 父の盆栽で見ていた可愛い花や小さな果実は懐かしい 木…

続きを読むread more

ガマズミ

秋も深まり木々には赤く色づいた実が目立ってきました 春に小さな真っ白い花を咲かせていたガマズミ 真っ赤に色づいた実が綺麗です 黄色のキミノガマズミ、やや高地に生えるミヤマガマズミ それぞれに重たげな実をつけてます ガマズミ《莢蒾》(レンプクソウ科 キミノガマズミ 《黄実莢蒾》( レンプクソウ科 ) ミヤマガマズ…

続きを読むread more

ミゾソバの花

水辺に咲いたミゾソバの花、可愛い金平糖のよう 花びらの先をピンクに染めた花、花全体がピンクや白花も 水田には鮮やかな青紫色したコナギの花 一面に咲いたツリフネソウには朝露がいっぱい付いて 久しぶりの里山は懐かしい花が咲いていました ミゾソバ《溝蕎麦》(タデ科) 花びらに見えるのは萼片のようです 透き通ってるような淡…

続きを読むread more

ゲンノショウコ(現の証拠)

小さな5枚の花びらに淡い色の筋が入ったゲンノショウコ 野山や草むらに可愛い花を咲かせてます 鮮やかな紅紫色のゲンノショウコにも出会えて 煎じて飲むと、その効果がすぐ現れることから《源の証拠) ゲンノショウコ《現の証拠》(フウロソウ科) 小さな白い花が下向きに咲き始めて 東日本では白花が多いですが  西日本では紅花…

続きを読むread more

ツルニンジン (ジイソブ)

ツルニンジン(ジイソブ)は、バアソブより1ヶ月ほど遅く咲きます 淡い緑色の釣鐘のような形の花は3~4㎝ほど 細い蔓の先に緑の蕾が幾つも見えてます 根が朝鮮人参に似ていることから ツルニンジン 花の内側にある筋や斑点を お爺さんのソバカスに例えて ジイソブ ツルニンジン《蔓人参》(キキョウ科) 別名=(ジイソブ) …

続きを読むread more

ミズオトギリ (水弟切)

ピンクの可愛い花を咲かせるミズオトギリ 午後3時過ぎから咲き始め、夜には閉じる一日花 オトギリソウの仲間は黄色の花が多いようですが、珍しいピンクの花 沼地や湿原などの水辺にに生えることからミズオトギリ ミズオトギリ《水弟切》(オトギリソウ科 ) 今にも降りそうな空を見上げながら出掛けたのですが 途中からポツポツと雨が…

続きを読むread more

バアソブ(婆蕎)

丘陵地や山などで釣鐘形の花を咲かせるバアソブ 花の内側の筋や斑点などをお婆さんのソバカスに例えたようです 似ているツルニンジンより1ヶ月ほど早く咲いて花も小さめ 小さな蕾も見られましたが花は終盤のようで 花後の実が幾つも下がってます バアソブ《婆蕎》(キキョウ科) 別名=ヒメツルニンジン《姫蔓人参》 釣鐘のような形の…

続きを読むread more

シギンカラマツ  (紫銀唐松)

真っ白い清楚な花、シギンカラマツ シギンカラマツは花びらが無く、白い糸のような雄蕊だけ 線香花火のような花姿が美しい 公園の片隅にひっそりと咲ていたシギンカラマツ シギンカラマツ《紫銀唐松》(キンポウゲ科) 可愛い丸い蕾が弾けるように咲いて 涼しそうな真っ白な シギンカラマツの花 今年も出会えたマキエハ…

続きを読むread more