オカトラノオ(丘虎の尾)

               早朝の里山では、前夜の雨で雫を付けた花びらが重そうにして

                   長い花穂に白い花を咲かせている オカトラノオ

                        あぜ道には淡い色のネジバナが

                    静かな林の中では ウグイスの鳴き声が響いて


画像

                        オカトラノオ《丘虎の尾》(サクラソウ科)
画像

                    花穂の先が少し上に向けた花姿が虎の尻尾に見えます
画像



                       ヌマトラノオ《沼虎の尾》(サクラソウ科)
画像


                        ヒメヤブラン《姫藪蘭》(キジカクシ科)
画像


                             ネジバナ《捩花》(ラン科)
画像


                             ミヤコグサ《都草》(マメ科)
画像


                          ツユクサ《露草》(ツユクサ科)
画像


                         ノハラアザミ《野原薊》(キク科)
画像


                          ワルナスビ《悪茄子》(ナス科)
画像


                           ウツボグサ《靭草》(シソ科)
画像


                         バイカツツジ《梅花躑躅》(ツツジ科)
画像


                           コマツナギ《駒繋ぎ》(マメ科)
画像


                              コウゾ《楮》(クワ科)
画像


                       オオバギボウシ《大葉擬宝珠》(キジカクシ科)
画像


                        スズサイコ《鈴柴胡》(キョウチクトウ科)
画像

             星形の花は、夜間に開き日が当たると閉じますが、雨の日などは花開いて
画像


                  丘陵に咲いたオカトラノオ、白い花が遠くからも目立って
画像










"オカトラノオ(丘虎の尾)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント